不要品の査定&処分

今回 思い切って、私の長らく大切にしてきたバックや靴・服を処分することにしました。場所を取るばかりで長らく使っていないモノ。それなら手放した方がいいと思えるようになったモノ。あとは買ったものの、残念ながら自分には合わなかったモノ。。

近くに不要品買い取りのリサイクルショップがいつくかはあるのですが、今回はネットで申し込みをして、宅配便で送るという形態を利用しました!こういった形態を取るリサイクル業者さんは数社あります。今回利用した二社は送料はもちろんタダ。そして査定金額を見て、納得できない時には返却OK。返却代も無料。素晴らしいシステムですね✨

まず一社に不要品を送り、査定価格に納得できたものは売却。返却されたものをもう一社に送って、そこで納得できたものは売却。買い取れないものや納得出来なかったものはまたまた返却。

そのうち一点は、一社目の方がお値段が良かったので、返却後 再度売却依頼をしました🎵それぞれの会社に得意なもの・不得意なものがあるようで、一社目で買い取り不可だったカットソーが、二社目では300円という値段が付いていおりました。査定に出してみないとわからないものですね!

感じたことは、ブランド物でもあまり古すぎるものは売れないということ。そして、おそらく買い取り後の販売が難しい品物は、ブランド物でも「トップスは不可」等、細かくサイトに書いており、買い取り対応していません。もちろん、シャネルやルイヴィトン、プラダ、グッチなどのハイブランドのバックや靴は、多少古くてもいいお値段が付くこともあります。今回は10年以上前のコーチのバック、ラルフ・ローレンのサングラス、グッチの靴がそうでした。しかし、それ以外の国内ブランドのモノは、新しいモノほど買い取り金額は高く、古すぎると買い取り不可でした。

試しに一緒に出してみたアグーのブーツですが、二社間でかなりお値段に差があり驚きました。こちらは最も短く2年しか履いてませんが、上手く履きこなすことができないので手放すことにしました。ということで、売って処分するものに加えて、かなり前のスーツ2着は古着として処分しました。お陰でクローゼットがちょっとスリムになりました🎵

長男には希望のストレージBOXを買い、自分の部屋の整理を自身で行っているところです。私もクローゼットをもう少し使いやすくするべく、引き続き見直しを行っていきたいと思います(*^^*)